「精神世界の鉄人」 エッセイ集

タイトル 発行月日
キャラ立ち 3/12/2009

3月8日(日)。箱根に、日帰りで、遊びに行ってきました。久しぶりのプチ旅行でした。

個人的な感想ですが、この芦ノ湖の周辺、特に、箱根神社と九頭龍神社は、関東地方の中では、一番、パワーが、あるような気がします。とっても、空気が、透き通っていて、気持ちが、いいです。

私に、とっては、エネルギー充電、200%になるための、特別の聖域です。

 

朝の10時くらいに、友人と、品川で、待ち合わせて、新幹線で、行きました。新幹線を使うと、とっても、早く着きます。品川駅から箱根湯本駅まで、小田原で、乗り換えて、片道45分くらいでの到着です。

駅からは、バスでも、神社に、行けるのですが、今回は、贅沢をして、タクシーで、九頭龍神社に、向かいました。タクシーの運転手さんに、聞くと、

「正規のルートは、よく、閉鎖されているので、裏道から、入ったほうが、いい。」

とのことでした。

そこで、裏道まで、送ってもらい、入りました。

箱根神社の中にも、九頭龍神社(新宮)は、ありますが、この本当の九頭龍神社(本宮)に、入るのは、初めてでした。

 

今回は、写真付きで、お楽しみくださいね。

湖に、面した、九頭龍神社(本宮)です。とても、いいエネルギーです。近くに、弁財天社やは白龍神社も、あります。

 

九頭龍神社の前で、撮影。写真では、わかりませんが、目の前には、湖が、広がっていて、とても、いい景色です。

 

それから、少し、離れたところにある、箱根神社に、向かいました。写真では、わかりにくのですが、龍の形をした、雲が、出迎えてくれました。神社の駐車場近くにあるお店のお餅は、とっても、美味しいです。

 

箱根神社の中の大木の前で、撮影。頭上に、赤紫色の光の帯が、写っていました。宇宙エネルギーに、見守られているのかも、しれませんね。

 

それから、芦ノ湖を、海賊船に乗って、クルージングしました。とっても、気持ちよかったです。なぜか、頭の中では、子供の頃、大好きだった、アニメ、「小さなバイキング ビッケ」の歌が、流れていました。(笑) この後は、大好きな「天山湯治郷」で、温泉に、浸かりました。

 

 

人生の節目を、迎えたと、思ったら、私は、よく、神社&温泉の旅行に、行きます。今回も、なんとなく、

「今月は、自分の人生の節目かも、しれないな…。」

と思ったので、行きました。やはり、旅行中、いろいろな気づきがあって、よかったです。最近になって、

「人生って、もっと、シンプルに、考えても、いいのではないか?」

と、改めて、考えるようになりました。

具体的に、日常で、心掛けていることは、

「迷ったら、やらない。」

という姿勢です。

ショッピングでも、買おうかどうか、迷ったら、「買わない」。

仕事でも、やろうかどうか、迷ったら、「やらない」。

セミナーや講演会も、行こうかどうか、迷ったら、「行かない」。

人間関係でも、お付き合いしようかどうか、迷ったら、「付き合わない」。

食事でも、食べようかどうか、迷ったら、「食べない」。

こういう、シンプルな姿勢を、心掛けるだけで、だいぶ、毎日の生活が、楽になってきました。

周囲に、迷惑をかけるようなわがままは、問題ですが、周囲に、迷惑をかけない程度のわがままって、大切だと、思います。

考えてみたら、人間って、迷っても、やってしまうから、苦しむことになるパターンが、多いのでは、ないでしょうか?

就職でも、迷ったけど、給料などが、いいから、入社してしまって、あとで、苦しくなる。

結婚でも、迷ったけど、年齢や親のことなどを、考えて、結婚してしまって、あとで、苦しくなる。

人間の人生において、苦しみの大半を、この「迷ったけど、やってしまった。」が、占めているような気がします。だから、この

「迷ったら、やらない。」

という姿勢は、人生において、楽しく生きる、とっても、シンプルな方法だと、思います。「迷う」ということは、そもそも、「大したことでない」という出来事なのです。人生において、本当に大切な出来事は、絶対に、迷いません。

 

ただ、このやり方は、年齢によっても、違って、いいと思います。

つまり、10代〜20代は、まだ、人生経験が、圧倒的に、不足しているので、迷ったことや苦しいことも、どんどん、やったほうが、いいのです。

そして、40代〜50代くらいになったら、だんだん、人生経験も、豊富になってくるので、迷ったことや苦しいことは、もう、あまり、やらなくても、よくなってくるような気がするのです。

ちなみに、30代は、だいだい、これらのハイブリッドで、状況に応じて、半々くらいに、使いわけると、いいかも、しれませんね。

昔の人は、40歳を、「不惑」と言いました。まさに、そうですね。

もちろん、有名な「論語」からの言葉ですが、この言葉は、

「もう、40年以上、生きたら、あとの人生は、迷うようなことは、だんだん、やらなくても、いいんですよ。」

という教えだと、拡大解釈しても、いいと思います。

私は、現在、42歳ですが、人生を、振り返ってみて、30代までは、いろいろと、迷ったり、苦しんだり、やってきました。

それはそれで、とっても、いい経験でしたが、40歳を、過ぎたら、もっと、楽に、自由になっても、いいような気がしてきて、なるべく、迷いや苦しみは、避けるように、しています。

 

以前に、漫画家の友人に、教えて、もらったのですが、漫画やアニメの業界では、「キャラ立ち」という業界用語が、あるそうです。

これは、漫画やアニメの作品の中で、登場人物が、ある時点から、あたかも、自由意思をもって、魂が、入ったようになり、作者が、最初に設定したキャラクターから、だんだん、離れて、自立していく現象なのだそうです。

例えば、「課長 島耕作」という有名な漫画が、ありますが、当初、作者の弘兼憲史さんは、ただのサラリーマンのオフィスラブを、描くつもりだったそうです。それが、だんだん、主人公の島耕作が、独自の心をもったようになり、まったく、予想もしなかったようなストーリー展開になり、現在は、役職も、社長になっています。

これは、作者にとって、一番、嬉しい現象なのだそうです。

最初のプランでは、想像できなかった動きを、登場人物たちが、好き勝手に、始めてしまう。どんどん、キャラクターに、魂が、入っていくのが、わかってくる。

一流の漫画家たちは、皆、この喜びを、知っているのだそうです。

 

思ったのは、人間の人生も、もしかしたら、こういうものなのではないか、ということです。

つまり、神様という存在が、人間が、生まれる前に、ある程度のプランを、設定して、この世界に、送りだす。でも、ある時期から、人間が、キャラ立ちを、始めて、好き勝手に、当初のプランと、まったく違う人生を、生きはじめる。

こうなったら、神様は、ちょうど、漫画の作者のように、踊りだして、喜ぶのでは、ないでしょうか? 

間違っても、

「この野郎! 私のプランと違う生き方を、しやがって!! けしからん! 懲らしめてやる!」

と怒ったりは、しないような気がします。

「うわー! この人、こんなに、プランから、外れた生き方を、始めたんだー。きっと、よっぽど、人生経験を積んで、もう、自由気ままに、動き出す時期に、なったんだねー。よかった、よかった。」

と、大喜びするのでは、ないでしょうか?

そして、この「キャラクターが、立つ」という時点が、人間の人生においては、「不惑」の年、つまり、40歳くらいからだと、思うのです。

アラフォー(40歳前後)の方たち、ぜひ、どんどん、キャラ立ちしてくださいね。きっと、神様も、喜ぶと、思いますよ。(笑)

 

 

 

 

 

<オマケ>

 

☆走っている夢でも、見ているのかな? 寝ながら、走っている犬です。起きた後も、まだ、寝ぼけていますね。(笑)

http://www.liveleak.com/view?i=7ba_1235839660

 

 

 

 

 

<追伸>

 

よく、セミナーなどで、私は、

「自分の使命は、氏名に、隠されていることが、多いです。だから、自分の名前の漢字の意味。または、ひらがなでの並び替え、つまり、アナグラムなどの遊びで、いろいろ、探ってみてください。氏名に、使命がありますよ。」

と話します。

以前にも、何回か、書きましたが、私の名前の「トーマ イタル」を、並べ替えると、「トータルイマ」になります。

つまり、「トータル・今」、「今が、全て。今を、生きなさい!」というメッセージが、あったります。

この名前は、本名を、カタカナにしただけなのですが、最近になって、面白いことに、気が付きました。

この名前は、「ー」を、「ウ」に変えてもいいので、これで、カタカナ表記にしてみると、「トウマ イタル」になります。そして、これを、並べ変えると、「ウマイタルト」になりました。

「美味いタルト」ですねー。思わず、笑って、しまいました。

「そうか! 自分の使命は、美味いタルトを、食べることだったんだ!」

と、半分、ダジャレみたいな使命に、大笑いでした。

「使命」というのは、文字通り、

「人生の残りの命を、どう使って、生きていくか?」

ということです。

これからの人生は、美味いタルトを、食べるような気持で、ワクワクしながら、楽しく、生きていこうと、思っています。(笑)

写真は、自宅に、友人を、招いて、一緒に、美味いタルトを、食べた時の写真です。この友人は、チャネラーでもあるのですが、これを、食べた後、おしゃべりを、していたら、そのチャネラーの友人に、いろいろなメッセージが、流れてきて、いろいろ、教えてもらいました。

本当に、自分のこれからの「使命」が、わかってしまったのです。詳しいことは、省略しますが、本当に、素晴らしい体験でした。

「美味いタルト」は、「目的」ではなくて、「手段」だったんですね。

人生って、本当に、面白いですね。(笑)

 

 

 

 

以上

 

 

 

☆MIXIも、やっています。メンバーの方は、ぜひ、遊びに来てくださいね。読者の方は、マイミクも、大歓迎です。 ↓

 

☆「精神世界」の面白いサイトが、たくさんあります。ポチっと、クリックしてみてくださいね。↓

 


精神世界ランキング

癒しのスピリチュアルサイトランキング

ハーフバナー3

 

 

 

 

 

Copyright © 2001 Itaru Toma All rights reserved.