「精神世界の鉄人」 エッセイ集

タイトル 発行月日
ミトコンドリア 10/17/2008

今回は、とっーても、興味深い話を、提供しましょう。

先月の話ですが、人生最大の試練を、経験していました。とっても、苦しくて、今回ばかりは、

「もう、ダメだ…」

と音をあげてしまいました。

ただ、15年間、パワーリフティングの競技で、鍛えた、精神力が、ここで、いきてきました。

そうです。どのスポーツでも、そうですが、鍛練というものは、「もう、ダメだ…」と思ってからが、本当の練習なのです。

パワーリフティングの選手時代、バーベルを、持ち上げていて、まさに、1回も、上がらなくなり。「もう、ダメだ…」と思ってから、さらに、もう、1回、持ち上げることを、繰り返していました。この、「あと、もう1回」が、パワーアップの秘訣なのです。

こういうところで、この鍛錬が、活きてくるとは、思いませんでした。

 

その苦しみの中、一人の友人が、私に、一つのサプリメントを、持ってきました。

「トーマさん、ずいぶん、お疲れみたいですね。これっ、とっても、素晴らしいサプリメントなんですよ。飲んでみませんか?」

正直言って、それを、差し出された時、

「またか…」

と思いました。なぜなら、私が、パワーリフティングの選手時代から、サプリメント愛好家だと知っている友人たちが、ありとあらゆる、サプリメントを、持ってくるからです。もう、たいていのものは、飲んで知り尽くしているからです。

どのサプリメントも、とっても、いいのです。だいたい、私に、紹介してくれるものは、100点満点の150点くらいのものなのです。

だから、今回も、

「ふ〜ん。まあ、ちょっと、試してみるか…。」

くらいの気持ちだったのです。

ただ、飲む前に、この友人が言った言葉に、ちょっと、心が、ときめきました。

「このサプリメント、体内の細胞内のミトコンドリアを、綺麗にしてくれるものだそうですよ。」

これを、聞いて、ちょっと、驚きました。

なぜなら、パワーリフティングを、やっていた頃、一人の偉大なパワーリフターを、尊敬していて、その選手を、目標に、トレーニングしていたのです。

その選手は、アメリカで1960年代くらいに、活躍していた、ポール・アンダーソンという選手でした。今でも、ギネスブックに、掲載されていると思いますが、スクワットという競技で、560キロ持ち上げ、トータル、1200キロという記録は、今でも、公式には、破られていないそうです。

当時は、ドーピングもなく、プロテインなどのサプリメントもない時代でした。その時代に、これほどの記録を出すというのは、どういうことなのか、とっても、興味があったのです。

1990年頃の専門誌に、その秘密が、記事として、掲載されていました。

世界中の科学者が、ポール・アンダーソンの身体を、徹底的に調べた結果、「ミトコンドリア」だという結論に、到達したそうなのです。

詳しい話は、省略しますが、とにかく、筋力や持久力、柔軟性など、スポーツの競技能力の鍵を握っているのが、「ミトコンドリア」だということを、知って、ずっと、このミトコンドリアのことは、頭から、離れなかったのです。

久しぶりに、「ミトコンドリア」という単語を、聞いた私は、これに、興味を、もったのでした。

 

さて、川崎駅の「LAZONA」というショッピングモールで、待ち合わせした後、ピザ屋さんで、その友人と、食事をしました。

「3粒から5粒を、食前に、飲んでくださいね。空腹時が、効果があるみたいですよ。」

こう言われて、疲れていたいので、5粒、飲んでみました。

すると、数分したら、頭が、ぼっーとしてきて、気持ちよいエネルギーが、身体じゅうに、広がってきました。そして、手足の先が、ビリビリしてきました。

だんだん、カッーと、体温が上がってくるのが、わかりました。身体中の細胞内のミトコンドリアが、元気になって、動いているような気がしてきました。

そして、今までに、体験したことのない、エネルギーが、頭上から、降りてきたような気がしました。

なんか、勝手に、瞑想したくなってきて、そのピザ屋さんで、瞑想してしまいました。とっても、深い瞑想状態に、入りました。今までで、最高の瞑想でした。

だんだん、身体の感覚がなくなってきて、宇宙と一体になったような気がしました。

その後、とっても、やさしい存在に、見守られているような気がしてきました。いわゆる、「ハイアーセルフ」という存在だと思いますが、ここまでは、今までにも、何回か、体験したことが、ありました。

どのくらいの時間が、わかりませんが、それから、しばらくすると、なにか、もっと、凄い存在と、繋がったような気がしました。

「…。…。…。」

もう、言葉にできないような体験でした。「宇宙そのもの」、「愛そのもの」、「神」という表現が、ピッタリの至高体験でした。

これも、どれくらいの時間がわかりませんが、しばらくして、少しづつ、自分の身体に、戻ってきました。戻ってきてすぐに、

「ハイエストセルフと、繋がった…」

という言葉が、自然に、口から出てきました。

そして、さっきまで、あんなに苦しんで、悩んでいた、人生最大の試練が、とっても、小さく見えてきたのでした。

「なんだ、全ては、完璧じゃないか!」

こう思えて、みるみる、笑顔が、蘇ってきました。(笑)

おそらく、私の魂が、あまりにも、苦しんでいたので、目に見えない存在たちが、このサプリメントを、私の目の前に、持ってきたのだと、思います。

本当に、大感謝でした。

いつも、ピンチになるたびに、助けてくれる人が、現れるんですよねー。今回も、そうだったのですが、まさか、サプリメントというかたちで、助けてもらえるとは、思ってもみませんでした。

人生って、面白いですね。

 

少し、ミトコンドリアの話を、してみましょう。

太古の昔、地球上の海で、原始細胞の中に、呼吸能力のある細菌が入り込んで、共生を始めたのが、ミトコンドリアの起源であると、考えられているそうです。

人や動物の細胞の中で、エネルギーを作り出しているのがミトコンドリアという細胞内小器官で、細胞内の発電所に、たとえることができるみたいです。

ミトコンドリアは、球形あるいは、細長い棒状の粒子で、1個の細胞の中に、数百個いるらしいです。

もうちょっと、詳しく話すと、人間の身体には、60兆という数の細胞があると、言われているのですが、一口に、60兆といっても、イメージしにくいのですが、だいたい、細胞1個を、米粒1個に、例えると、六本木ヒルズの建物内が、全部、60兆個の米粒で、埋まり、溢れだして、外側に、はみ出し、さらに、建物が、半分くらい、その米粒で、埋没するくらいの数だそうです。

そのくらいの数の細胞の中に、さらに、500個くらいのミトコンドリアが、いるそうです。脳の中は、特別に、多くて、3000〜5000個くらい、いるそうです。



ミトコンドリアは、呼吸によって、エネルギーを作り出す発電所ですから、ミトコンドリア遺伝子のわずかな違いが、運動能力に、影響を与えていると、予想されていたようです。

そこで、数年前に、日本の科学者たちが、マラソン選手や駅伝選手のミトコンドリアDNAを、調べたところ、10人中5人に、特別な遺伝子型が、見つかったそうです。

さらに、この遺伝子型の頻度を、日本人、1980人について調べたところ、122人に見つかったらしいです。(6.2%)

ところが、この遺伝子型が、長距離走選手において、一般人の15倍の頻度で、見つかったことから、これがマラソンに強い遺伝子型であると、推定されたそうです。さらに、数多くの長距離走選手の協力を得て、現在も、調査が、進められているみたいです。

もしかしたら、前述した、ポール・アンダーソン選手も、この特別な遺伝子型があって、それで、トレーニングが、効率よく、容易に、できたのかもしれませんね。

 

人間が、呼吸をすると、酸素を、吸い込むのですが、この酸素は、細胞内で、ミトコンドリアを、酸化させ、サビつかせる働きもするそうです。

それで、ミトコンドリアの働きが、どんどん、悪くなってくるのだそうです。結果として、細胞内が、酸化してきて、老化が、進むのだそうです。

人間の体内には、このミトコンドリアのサビをとる機能が、もともとあるのだそうです。

ただ、20歳の時点で、この機能は、100%働いているのですが、40歳になると、80%しか、働かなくなってくるそうです。その後、50歳で、60%。60歳で、40%。70歳で、20%。80歳だと、なんと、0%になってしまうそうです。それで、ほとんどの人が、80歳を過ぎると、死んでしまうのですね。

老化というのは、おおざっぱに言うと、細胞内のミトコンドリアが、サビる現象らしいですね。

逆に言うと、人間は、細胞内のミトコンドリアが、酸化しなければ、125歳以上は、生きることができるように、なっているみたいです。

 

生物学的には、だいたい、こういう話ですが、実際には、ミトコンドリアは、もっと、いろいろと、面白い性質を、もっているみたいです。

精神世界に、詳しい友人に、教えてもらったのですが、このミトコンドリア、人間の体の中に、星の数ほど、生息しているのですが、彼らは、相互に、テレパシーで、通信しているそうです。

そして、興味深いのは、ちょうど、蜂の社会のような構造になっているのだそうです。

つまり、女王蜂のような、マザー・ミトコンドリアが、1匹いて、このマザーが、身体中のミトコンドリアたちに、適切に、テレパシーで、指令を、送っているのだそうです。身体のどこの部分の細胞に、このマザーが、いるのかは、よくわかっていないのだそうです。腕かもしれないし、頭かもしれないし、お尻か、足かもしれないということですね。

そして、さらに、興味深いのは、地球上のどこかに、このマザー・ミトコンドリアを、司っている、グランド・マザー・ミトコンドリアも、いるらしいです。

これも、どこにいるのか、わからないそうです。

誰かの身体の中に、隠れているかもしれません。もしかしたら、この文章を、読んでいる、あなたかもしれませんよ。もしくは、どこかの野良猫や野良犬、鳥や魚かもしれないということですね。(笑)

自分の身体の中のミトコンドリアのサビを取り、グランド・マザー・ミトコンドリアと、テレパシーで、繋がることも、これからのアセンションには、大切なプロセスの一つになるような気がします。

 

さて、このサプリメントが、細胞内で、どういう働きをするか、もう少し、説明しておきますね。

これは、もともと、フランスの「パスツール研究所」で、フランスの科学者たちによって、研究されていた技術らしいのですが、一番の特徴は、「細胞膜を、通過する」という技術だそうです。

これまでにも、たくさんのアンチエイジングを、目的とした、サプリメントが、市場に、発売されました。

どれも、まあまあの効果なのですが、それほど、感動するほどの効果は、ありませんでした。というよりも、そもそも、

「これを、飲めば、長生きしますよ。」

と言われても、それで、本当に、長生きするかどうかの検証は、100年後くらいにしか、わからないのです。

また、どのサプリメントも、飲んでも、なんか、効いているのか? 効いていないのか? イマイチ、わからないというかんじです。

自分の基準としては、サプリメントでも、ヒーリンググッズでも、飲んだり、装着してから、10分以内に、エネルギーを、感じないものは、大したものではないと、思っています。本当に凄いものは、だいたい、5分以内に、凄さが、わかるものなのです。

ただ、あくまでも、「自分にとって、凄いもの」という意味で、全ての人にも、凄いかどうかは、また、別問題です。

さて、今回のサプリメントは、本当に、飲んで、3分くらいで、凄いエネルギーが、身体じゅうを、流れているのが、わかりました。

今までのアンチエイジングのサプリメントと、比べて、どうして、こんなに、効果があるのか、紹介してくれた友人に、訊ねてみると、

「トーマさん、いい質問をしてくれました。実は、これが、このサプリメントの秘密なんですよ。今までのものは、喉を通って、胃腸に入った途端に、実は、ほとんどが、胃液に溶けて、バラバラに、分解されていたんですよ。ところが、これは、なんと、胃液に溶けない、技術が、入っているのです。」

という答えが、返ってきました。「なるほど…」と思っていると、さらに、説明を、続けてくれました。

「もっと、凄いのは、細胞内での働きです。ほとんどのサプリメントは、細胞膜で、ブロックされて、中に入れないのですが、これは、実は、細胞内のリボソームとほとんど同じ大豆アミノ酸で、できているために、細胞膜が、勘違いして、細胞内に、入れるのです。だから、こんなに、効果があるのです。」

ということでした。

なんでも、今までのものは、細胞内に、3%しか、入れなかったのに対し、これは、80%が、入っていくのだそうです。

フランスでは、細胞内に、このサプリメントが、入っていく映像が、カメラで、撮影されたのだそうです。そして、この動かぬ証拠で、ヨーロッパのサプリメント業界での、最高の賞を、受賞したのだそうです。

 

 

さて、話は、ここで、終わりません。

飲み始めて、実は、もっと、凄いことになったのです。

初日から、数日間は、感情の起伏が、激しくなったり、元気すぎて、眠れなくなったり、逆に、身体が、だるくて、一日中、寝たりしていました。それから、数日後、

まず、お腹がすかなくなりました。お腹が、「グ〜 グ〜」と鳴っても、脳が、

「食べたくないよ〜」

と言っているみたいなのです。

そして、身体の体温が、上がるせいか、ずっと、身体が、暖かく、うっすらと、汗をかいている状態が、何日も、続いたのです。

夢が、とっても、クリアに見えたり、予知夢を見たり、過去生の記憶が、クリアに、思い出しやすくなったり、身体も心も、霊体も、凄いことになったのです。

思考も、常に、前向きに、考えられるようになりました。

そして、一番、ビックリしたのは、体重でした! なんと、どんどん、痩せていき、1週間で、いきなり、5キロ、痩せたのです! 2週間では、7キロのダイエットに、成功したのです! 何もしないで!!(笑)

それからは、少しづつ、ペースが、落ちていますが、平均して、1日に、200グラムづつ、まだ、痩せています。まあ、そのうち、落ち着くと思いますが、毎日、痩せ続けています。

しかも、運動も、まったくせず、食事制限も、していないのです。

絶対量は、減っているのですが、常に、

「お腹、いっぱ〜い!」

というかんじです。しかも、食事が、美味しいのです。細胞に、栄養が、すーっと、入っていくかんじなのです。

おそらく、食べないから、自然に、摂取カロリーが、少なくなったのだと、思います。

そして、同時に、ミトコンドリアのサビが、とれたので、彼らが、活発に、動けるようになり、結果として、身体全体の代謝が、急激に、上がったせいだと、思います。本当に、なんか、運動しなくても、一日中、ウォーキングをしているかんじなのです。

写真は、10月1日に、川崎駅近くのスターバックスで、友人が、撮影したのです。体重、約97キロです。

 

それから、8日後の10月9日に、池上駅近くの喫茶店で、別の友人が、撮影したものです。特に、頬と顎の下の贅肉が、落ちているのが、わかると、思います。体重は、約92キロです。8日間で、約5キロのダイエットに、成功しました。お腹も、だいぶ、細くなり、久しぶりに、ベルトを、短く切りました。

 

同じく、池上の喫茶店を、出たところで、撮影。特に、お尻と太ももの後ろが、細くなっています。ジーパンを、摘まんで、見せているところです。

 

 

話は、さらに、続きます。

10月13日(月)に、2か月ぶりに、ジムに行ったのですが、なんと、筋力が、落ちていないのです! 今までのダイエットの常識だと、運動をしないで、食事制限だけで、痩せると、脂肪と一緒に、筋肉や筋力も、失われるということだったのですが、このサプリメントは、何も、運動せず、食事制限もしないで、見事に、贅肉だけを、落としてくれるみたいです。

筋力など、かえって、少しですが、強くなっているくらいです。柔軟性も、ストレッチを、やっていなかったのに、変わっていませんでした。

あと、もっと、驚いたのが、持久力です。

バーベルを担いで、スクワットを、限界までやっても、心臓は、バクバク、鼓動して、汗はかくのですが、呼吸が、なぜか、乱れないのです。これには、驚きました。

また、1時間くらい、筋トレをやって、普段は、サウナとジャグジーに、入るのですが、この日は、あまりにも、身体が軽いので、固定式のランニングマシンで、走ってみました。

すると、いつもなら、20分で、けっこう、疲れてやめるのですが、なんと、40分、走っても、息が上がらないのです。

あまりの身体の調子のよさに、怖くなって、40分で、走るのを、やめてしまいました。

「こっ、これは、凄すぎる…。」

人間って、あまりにも、いいことが起こっても、不安になるんですね。(笑) しばらく、ジムの中で、呆然と、立ちすくんでいました。

スピリチュアルな至高体験を、やっただけでも、ビックリしたのに、運動も食事制限もしないで、約2週間で、7キロのダイエットができる。しかも、筋肉や筋力を、落とさずに、贅肉だけを、落とす。身体の痛いところや筋肉のコリも、とれる。

今までに、こんなサプリメントが、あっただろうか? 

企業の誇大広告やほとんど嘘のCMなどでは、毎日のように、やっていますが、自分が、ここまで、体験したのは、初めてでした。

 

2012年のアセンションの情報が、いろいろ、飛び交っていますが、自分にとっての、アセンション体験の一つは、このサプリメント体験です。

そういえば、精神世界では、オーラやチャクラやアカシックレコードなどの霊的な話ばかり、取り上げられますが、肉体も、大事なんですよね。

このサプリメントは、間違いなく、肉体レベルから、細胞を変える、素晴らしい、アセンション・ツールになると、思います。

肉体的なアセンション、つまり、DNAレベルのアセンションは、もしかしたら、ミトコンドリアが、鍵を、握っているのかも、しれません。

そして、これからの時代は、「ミトコンドリア・アセンション」や「ミトコンドリア・ダイエット」が、主流に、なってくる予感がします。

 

 

余談ですが、1年くらい前に、皆さんに、紹介した、ペンダント、「アセンション」も、最高に、素晴らしいのですが、このサプリメントも、同じくらい、素晴らしいです。

私の場合は、ペンダントでは、いろいろな霊的な体験や若返った効果は、ムチャクチャ、感じましたが、ダイエット効果は、他の人が、体験したほどは、感じませんでした。

ただ、このサプリメントは、もろ、ダイエットにも、効果が、あるみたいなのです。

ペンダントが、どちらかというと、霊体に、宇宙エネルギーを、入れてくるのに対して、このサプリメントは、どちらかというと、細胞レベルから、肉体に、宇宙エネルギーを、入れてくれるみたいです。

ペンダント、「アセンション」が、「キング・オブ・ヒーリンググッズ」だとしたら、このサプリメントは、「キング・オブ・サプリメント」だと思います。

試しに、キング同士が、どうなるか、実験してみました。すると、やはり、エネルギーが、共鳴するのです!! 良いもの同士って、やはり、相性がいいんですね。

つまり、サプリメントを飲んで、ペンダントを、下げると、お互いに、エネルギーを、増幅させる相乗効果が、でてくるみたいなのです。

ペンダントを、持っている方、ぜひ、一度、これを、飲んでみてくださいね。

他のサプリメントとの相性も、全て、いいみたいです。大好きなノニジュースと、一緒に、飲んでみたのですが、ノニの果汁が、身体じゅうに、広がるような、気持ちいい体験をしました。

あと、念のために、書いておきますが、これらは、あくまでも、私個人の体験談です。

全ての人が、こういう体験をするわけでは、ないようです。たくさんの友人に、飲んでもらいましたが、だいたい、8割の人が、何かを、感じるみたいです。逆に、2割くらいの人は、何も感じなく、目立った効果も、ないみたいです。

 

 

補足的な説明も、しておきますが、このサプリメントは、厳密には、サプリメントでは、ありません。

なぜなら、「サプリメント」の定義は、「栄養補助食品」だからです。

これは、栄養自体は、ほとんどなく、あくまでも、細胞内部のミトコンドリアを、クリーニングするのことが、目的で、開発された錠剤みたいです。

あまりにも、凄まじい効果なので、

「麻薬物質が、混入されているのでは?」

と何回も、疑ったのですが、そういうこともないみたいです。身体にも、やさしく、ほとんどが、天然成分で、できているみたいです。

主な原料は、豆やオリーブなどで、そこらへんにあるような、普通の植物などを、組み合わせただけみたいです。不思議ですねー。

あまりにも、感動したので、来年くらいに、友人たちと、フランスの研究所まで、行って、これを、開発した、フランス人の博士に、会ってこようと思っています。

これを、紹介した友人は、フランス語が、ペラペラなので、通訳してもらう予定です。皆さん、ぜひ、楽しみにしていてくださいね。写真つきで、エッセイに、博士のインタビュー記事を、アップしますね。(笑)

 

おっと、大事なことを、言い忘れるところでした。

厳密には、サプリメントではないので、とりあえず、「ミトコンドリア・クリーナー」と仮に、名前をつけようと思います。

というのは、これだけ、紹介しておいて、申し訳ないのですが、製造会社から、インターネット上での製品名と会社名の公表は、堅く、口止めされてしまいました。

おそらく、現在、厚生科学省や食品業界が、いろいろな問題を、抱えているために、慎重になっているのだと思います。

たしかに、これほどの製品だったら、同業他社のサプリメント会社やフィットネス業界やエステ業界から、嫉妬で、物凄い圧力が、かかるだろうと、予想されます。

名前を、伏せるのは、そういう意味もあるかもしれませんね。

いちおう、私の友人の豆福さんが、販売しているので、興味のある方は、メールで、問い合わせてみてくださいね。

「トーマさんのエッセイで、紹介されていた、ミトコンドリア・クリナーの件で、メールしました。」

と書くと、わかりやすいと思います。

気になるお値段は、送料込みで、だいたい、1瓶、1万4千円くらいだそうです。

たしかに、ちょっと、高いですが、エステで、7キロ痩せようと思ったら、とんでもない値段、とられますよね。それを、考えたら、安いと思います。(笑)

豆福さんは、ちょくちょく、一緒に、ランチを食べる仲の人なので、安心して、メールしてくださいね。いろいろと丁寧に、教えてくれると、思いますよ。

私に、メールしても、現在、出張が多く、なかなか、返信できません。この製品に、関することは、全て、この友人に、お問い合わせくださいね。土日や祝祭日などは、返信できないそうです。

よろしくお願いしますね。

 

☆豆福さん

mamehukulunch@yahoo.co.jp

http://plaza.rakuten.co.jp/mamehuku

 

 

 

以上

 

 

 

☆「精神世界」のランキングです。応援クリック、お願いしますね。(いつも、ありがとうございます。皆さんからの応援が、励みになっています。) ↓

 


精神世界ランキング

 

 

  

 

 

Copyright © 2001 Itaru Toma All rights reserved.